社員インタビュー写真

縁の下の力持ちとして、
会社の収益を支えています

経理部 管理課
M.F
2018年入社
商学部 商業・貿易学科

※社員のプライバシー保護のため名前はイニシャルにしております
※記事内容は取材当時(2021年11月)のものです

就職活動中の志望職種や志望業界について教えてください。

商学部出身ですが、学生時代は語学に力を入れていたため、経理という職種はとくに志望していませんでした。自動車業界を中心に就職活動をする中で当社に採用され、たまたま経理部配属となりました。これまでに培った語学力は、海外子会社とのやり取りには活かせていますが、やはり専門用語は難しいですね。この業界を志望したきっかけは、カナダ留学中に現地で知り合った友人が日本車の素晴らしさを語っていて、製品としての魅力や品質の高さを実感したためです。それ以来、私も日本の自動車業界の発展に貢献したいと思うようになり、この業界を志望しました。

どんな仕事をしているんですか?

経理の業務は幅広いですが、私の主な仕事は、海外業務担当として、取引先との間で資金管理をすることです。具体的には、取引発生時の入出金対応などを行う債権債務管理、リスクを極小化するための為替管理、海外子会社の資金状況分析などを行っています。経理の仕事をする上で日々感じるのは、チームワークとコミュニケーションの大切さです。同僚とコンビを組んで推進する通常業務のほか、毎月実施している本部長への報告もチームで連携し、業務を推進しています。また、製品を出荷する工場や為替取引を行う銀行、海外取引先など、社内外の方と積極的にコミュニケーションをとりながら、日々の業務に取り組んでいます。

仕事の大変なことや、やりがいを教えてください。

経理部では近年、為替リスクを回避するための仕組みづくりに注力しています。
具体的には、現場の方や物流会社から取引情報をタイムリーに取得し、為替予約という手法を用いることで、為替変動によるリスクを最小化する取り組みなどがあります。為替変動の影響は会社の業績に直結しますので、責任は重大であり、常に緊張感のある業務ですが、その反面でやりがいも大きいです。私は日頃からミスを防ぐため、確認の徹底とこまめな相談を心がけています。経理部からは収益を生み出すことは出来ませんが、手数料削減や為替差損を出さないことで、会社の業績向上につなげることができます。今後は、仕事の幅を広げるため、決算業務を経験したり、チャンスがあれば、海外駐在もしてみたいですね。

働きやすさについては、どうですか。

経理業務はひと月の中で繁閑がありますが、コアタイムのないフレックスタイム制勤務のおかげで、忙しいときは長めに働き、落ち着いているときは早めに帰宅するなどの調整ができます。
経理部では男性2名が育休取得中ですし、働きやすい環境が整っていると思いますよ。私も有休を取得して温泉やキャンプ、旅行に行くなど、アクティブなオフを過ごしています。