社員インタビュー写真

高品質かつ低コストで
量産できる設備づくりを。

生産技術開発部 加工技術開発課
N.T
2017年入社
工学部 システム工学科

※社員のプライバシー保護のため名前はイニシャルにしております
※記事内容は取材当時(2019年11月)のものです

中途採用ですが、転職のきっかけは?

前職では生産設備の設計を行なっていました。モノづくりへのやりがいを感じていたものの、福利厚生面などが十分ではなく、より良い職場環境を求め、転職を決意しました。転職先を選ぶにあたり、モノづくりは続けたいということと、自分を成長させられる環境に身を置きたい、という希望がありました。現在、自動車業界は電動自動車や自動運転など変革期にあるため、自分の成長につながるチャレンジができるのでは、と思い、この業界での転職活動を進めるなかで、テイ・エス テックに出会いました。

今の仕事は?

生産設備の設計業務は、機械と電気で分かれていて、私は機械設計に携わっています。具体的には、まだ製品化されていない試作段階のシートを、実際に試作しては検証し、どのような生産設備が適しているかを実証していきます。品質を維持しながらも、より安く製品を提供できなければ競争に勝てませんよね。自動化・省人化が求められるなか、設備にお金をかければ自動化は容易ですが、いかにコストを抑えられるか、ここが難しいところです。実際に設備を設計し、低コストで自動化・省人化が可能なことを試作機で証明し、量産化につなげられるようにします。

どんなときにやりがいを感じますか?

自分が設計した設備を実際に製作し、思い描いていたとおりの結果を得られたときですね。もちろん、一発でうまくいけば良いけれど、思い描いたとおりにいかなかった場合も、あきらめずに必死で解決策を練って、最終的にうまくいったときは、より一層、達成感があり、自信にもなります。それと、前職の経験や知識から、今の同僚に解決へのヒントを求められることもあります。その際、自分の提案がきっかけで解決につながったときも、やりがいを感じます。

テイ・エス テックの良いところは?

転職のきっかけになった福利厚生が充実していることです。繰り越し分の有給休暇取得率が100%で、定期的に休暇をとって旅行に行き、リフレッシュしています。それと、中途入社のハンデがないことも大きいですね。前向きに取り組んで実績を残せば、新卒採用・キャリア採用に関係なく平等に評価されます。自分の上司も転職組なので、頑張れば昇進も可能なのだと、励みになります。

これから挑戦したいことは?

いまは機械設計を担当していますが、電気設計の知識もあれば、より視野が広がりますよね。専門は分かれていますが、電気設計も同じ課内なので、わからないことは質問できるし、自分でも勉強しています。理想ではありますが、電気設計も会得して、設備のすべてを網羅する知識を身につけたいです。それから、設備をつくる部門の機械加工にも挑戦したいと考えています。設備を作るための部品図を描くにあたって、加工者の視点に立つことができたら、より良い仕事ができると思うので、ぜひやってみたいですね。

休みの日の過ごし方は?

長期休暇には旅行をします。普段の休日は、よく日帰り温泉へのドライブに行きます。帰りに道の駅に寄って食材を調達して、帰ってから妻と料理をするのも楽しみです。あとは、同僚と一緒に釣りに行くことも。全然やったことがなかったけれど、入社後すぐに誘われて始めました。職場で顔を合わせるだけよりも、同僚と打ち解けて仲良くなれるのも良いものです。