社員インタビュー写真

パーツが多いドアトリムづくりは
地味なようで、意外と奥が深い

機種計画部 新機種企画課
S.S
2014年入社
理工学部 機械・精密システム工学科

※社員のプライバシー保護のため名前はイニシャルにしております
※記事内容は取材当時(2019年11月)のものです

なぜテイ・エス テックに?

大学で行われた合同企業説明会でテイ・エス テックを知りました。もともと地元の栃木での就職を希望していたことと、充実した福利厚生制度に心を動かされたのですが、なんといっても、インパクトがあったのは、採用担当者の方です。ものすごく熱く語る姿に、直感的に「ここだ!」と決めました。自動車が好きな気持ちもあり、また海外での勤務にも興味があったため、就職活動はテイ・エス テック一本に絞り、他社にはエントリーもしませんでした。

どんな仕事?

新機種企画課にはシート係と内装係があり、内装係はドアトリムの担当です。各量産工場の目線に立って、ドアトリムの生産ラインの工程設計をしています。工場での困りごとを吸い上げて開発・技術本部にフィードバックするなど、開発・技術本部と工場間のサポート部門といったところです。どんなに優れた開発をしても、量産できなければ意味がありません。作業者が作りやすい仕様の提案や、どうすれば効率よくコストを抑えられるか、つねに試行錯誤しながら業務にあたっています。その他、海外拠点の工場をサポートする役割として、新設計した生産工程案の海外拠点への水平展開や、海外では製作できない設備の手配にも携わっています。

仕事のおもしろさは?

やっぱり、自分がはじめてメイン担当を務めたドアトリムを街中で見たときは感動しました。生産ラインの企画業務は、他部門とやり取りしながら進めますが、その過程では、なかなか思ったとおりにいかないこともあります。そんななかで、ひとつの方向性を導き出して、自分の意志を反映した生産ラインが量産に至ると、大きな達成感があります。また、ドアトリムって地味なようで意外と奥が深く、主に樹脂で構成されていますが、表皮がついていたり、ポケットやハンドルなど、ドアトリム一枚にもいろいろなパーツがあります。多くの工程を経て作られるため、様々な知識を学ぶことができるのも、魅力だと思います。

テイ・エス テックのいいところは?

入社以来働いている自分の部署でいうと、人数も少ないため、とても仲がよく、事務所スタッフ、管理職も含め、風通しが良いと思います。困っていたら、上司がすぐに相談に乗ってくれ、アクションを起こしてくれますし、「こういうことをやりたいんです」と、持ちかけると、「じゃあ、任せた」と、気持ち良く背中を押してくれます。とても仕事がしやすい環境だと思いますし、楽しく働けます。フレックスタイム制勤務があり、連続休暇は期間が長く、働きやすい制度が整っていると思います。

日々、心がけていることは?

「わからないことは、とことん聞く」がモットーです。社長への報告会で、「自信なさそうにしているのは、わからない証拠だね」と、言われることがあります。中途半端な知識のまま報告しても、質問されたら答えられないけれど、完璧に理解していれば、自信を持って答えられますよね。だから、わからないことは、とことん追求します。それから、「つねに笑顔で、明るく、ポジティブに」。いろいろな部門と関わるなか、お互いの意見を100%通すわけにいかず、どこか落とし所を見つけなくてはいけないし、制約も多い。そんなとき、「ここを乗り越えれば」「これはステップアップになる」など、ポジティブに意味づけをするようにしています。

今後の目標は?

正直なところ、目の前のことで精一杯で、あまり先のことは考えていられません。まずは、日々の業務を着実に行うこと。そして、所属する部署には、幅広い業務に携わる機会があり、新しいことにチャレンジできる環境もあるため、そういった機会を大事にしながら、少しずつスキルアップしていきたいです。また、海外赴任する人も多い部署なので、声がかかったら、ぜひ行きたいですね。そのときは、家族も連れて行けたらいいなと考えています。