成長の軌跡

数字で読み解く自動車部品業界の実態と
テイ・エス テックの企業力

テイ・エス テックは、1960年12月、二輪車用シートメーカーとして誕生しました。設立3年後の1963年、二輪車用シート製造で培ったノウハウを基に四輪車用シートの製造に乗り出します。当社はその後、大きな成長を遂げていくことになります。
海外展開にもいち早く乗り出し、1977年には、初の海外展開となるアメリカ・ネブラスカ州での二輪車用シートの生産を開始。その後、北米・アジア地域、南米、欧州などに進出地域を拡大し、2001年には中国で四輪車用シートの生産を開始。モータリゼーションの波が世界中に広がりを見せる中、この海外展開によって、当社はさらなる成長を実現させていくことになります。
また、自動車の著しい進歩にともない、安全性や快適性など多様化するお客さまのニーズにスピーディーに対応できる体制を構築するため、1988年に技術センターを栃木県に設立。その後、米州・中国・アジア・欧州地域にも開発拠点を設置し、さまざまな製品・技術が生み出され、今日の当社の競争力と収益の源泉となっています。
2008年の世界金融危機以降、2011年3月の東日本大震災、同9月のタイの洪水、2020年新型コロナウィルス感染症の世界規模での感染拡大などが相次ぎ、自動車業界は大変厳しい状況に立たされることになります。しかし、こうした厳しい状況にあっても、当グループは、収益基盤の強化、新興国マーケットへの拡大展開、拡販活動などを積極的に展開。さらなる成長に向け着実に前進しています。

数字で読み解く自動車部品業界の実態とテイ・エス テックの企業力

1960
会社設立
ホンダの作業服などを扱っていた帝都布帛工業株式会社のシート部が分離・独立し、テイ・エス テックの前身となる東京シート株式会社(旧社名)が誕生。

1963
四輪事業スタート
ホンダの四輪車進出に合わせ、二輪車用シート製造で培ったノウハウを基に四輪車用シートの製造を開始

1977
北米進出(二輪)
カワサキの現地法人向けに二輪車用シートを供給するため、アメリカ ネブラスカ州にトライ・コン インダストリーズ リミテッドを設立。初の海外進出を果たす。

1988
技術センター設立
多様化するお客さまのニーズにスピーディーに対応すべく、開発から生産までの一貫体制の中枢となる技術センターを栃木県に設立。

1994
アジア進出(四輪)
アジア初の拠点となるトーキョーシート・フィリピンズインコーポレーテッド(現テイエス テック トリム フィリピンズ インコーポレーテッド)を設立。

1996
南米進出(四輪)
南米初の拠点となるテイエス テック ド ブラジル リミターダを設立。

1999
欧州進出(四輪)
欧州初の拠点となるテイエス テック ユーケーリミテッドを設立。

2001
中国進出(四輪)
中国初の拠点となる広州提愛思汽車内飾系統有限公司を設立。

2007
東証一部に上場
2007年2月 東京証券取引所市場第一部に上場。

2020
会社設立60周年
2020年12月5日をもって設立60周年を迎えた。